美しい世界で飛び回る「Refunct」をプレイ

美しい風景と心地よい音楽の世界で、気持ちよくジャンプしまくる一人称プラットフォーム・ゲームを紹介する。 introducing-refunct-on-steam.jpg

ファーストインプレッション

起動した途端、説明もなしに始まる世界、画面には文字が1つも表示されず戸惑う。キーボードからコントローラに持ち替えて、操作してみるとスムーズにカメラの視点変更と移動ができる。

少し進む。四角い箱のような足場に乗った途端、緑色に変化した。すぐにゲームの目的が分かる。この緑を増やしていき、地面を塗りつぶしていけばいいのだと。

順に台を移動し、少し高い足場に登ると、そこには輝く赤いスイッチがある。それを踏んで押し込むと、向こうの海の中から水に沈んだ足場がせせり上がってくる。そしてそれをまた緑色にしに移動を始める。

これを繰り返し、水中に沈んだ全ての足場を塗りつぶしていくこと、設定画面に表示されるパーセンテージを100%にするのが目標となる。

感想

最近遊んだ中でも、非常に心地よいゲームだ。このゲームは特にペナルティとなるようなものがない、飛び移る動作は、何度でもチェレンジできるし、届かないと分かったら、とりあえず置いておくという事もできる。普通のゲームではギリギリ届かない距離をこのゲームは拾ってくれるのでなんだかとても気持ちいい。

ゲームにおけるストレスはゲームを成り立たせる必須のものだという思いがあったが、それでも最近のゲームのギリギリの感じに少し疲れていたのではないかと思う。ジャンプのふわっとした感じは気持ちいいし、音楽はBGMとして流していてもいい、太陽や星があり、昼夜の変わりゆく光り輝く世界はボーっと眺めているだけでも美しい。

高い所から落ちた時、足を滑らせ水に落ちた時、パイプから水の中へ飛び出した時、毎回、「死んだ!」と思った。しかし、そのたびに、「あ、死なないんだ」とすこし拍子抜けした感じがした。しかし逆に以下にそういう状況では死ぬものだという考えに固定されていたのかと気づいた。自由なゲームを求めていたのに、いつのまにかステレオタイプな考え方になっていた。

まとめ

雰囲気もよく、気持ちよく楽しいゲーム。数十分、長くても1時間で終わってしまうボリュームですが、値段も安くてオススメです。

Steam : Refunct